News

感染症流行中の撮影について(令和3年1月〜)

当サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

看護師でありカメラマンとしても活動しているPNP、本年3月までは病院看護師として勤務も行っております。

撮影に関して、どのような感染症対策を行っているかをお伝えさせていただきます。

【基本方針】
昨今流行しております新型コロナ感染症(COVID-19)は接触・飛沫感染対策が有効とされております。
PNPが撮影時に行っている感染症対策も上記を基本に行っております。

【接触感染対策】
1)手指衛生(手洗い、アルコール消毒)を適宜行う
2)撮影機材はカメラマンのみが操作する
3)撮影小物はカメラマンは原則触れない(触れる場合はアルコール消毒を実施)

【飛沫感染対策】
1)カメラマンは撮影中マスク着用(ファインダーが曇ってしまう場合もありますので、その場合は背面液晶を使用して撮影します)
2)被写体の方へ、マスクを外すタイミングを指示(指示があるまではマスクの着用をお願いします)
3)原則、屋外での撮影(屋内を希望される場合は人数・空間(密閉されないか)などを考慮して対応します)

【キャンセル・日程変更】
体調不良によるキャンセルをご希望の場合、前日までお伝えいただければキャンセル料はいただきません。
※見積もり時に別途撮影機材レンタルやレンタルスペースの確保をしている場合は、費用の実費負担をお願いします。

【以前お問い合わせ頂いた内容】
Q:写真はマスクをつけている写真になりますか?
A:マスク無しの写真をご希望される場合、撮影場所の状況(人の流れ、密集度合い)を考え「マスクを外して撮影→すぐに装着」という流れで撮影します。写真の使用用途によってはマスク着用のままでの撮影をお勧めする場合もあります。

Q:熱が少しありますが元気です。撮影はキャンセルしないと駄目でしょうか?
A:体温は様々な要因で変動します。COVIDは接触・飛沫感染と言われておりますので咳や鼻水が出ておらず、撮影できる体調(元気であるか)と判断できれば撮影対応させていただきます。

Q:咳が出ますがそれ以外の体調は問題ないです。撮影は可能でしょうか?
A:撮影時にマスクを外すので、咳や鼻水・痰が多いなどの呼吸器症状がある場合は例え体調が良くても(元気でも)撮影をお断りさせていただきます。

 

撮影に関してのご質問は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

PAGE TOP